効果と副作用を知ろう|副作用にも目を向けよう!ミノキシジルを使ったAGA治療

副作用にも目を向けよう!ミノキシジルを使ったAGA治療

効果と副作用を知ろう

寝ている男性

元々は血圧降下剤として開発・使用されていたミノキシジル。
高血圧患者の治療目的で開発されたのですが、いざ使用してみると患者の体毛が濃くなる多毛症という副作用が相次いで確認されました。
偶然の産物ではありますが、これをきっかけにミノキシジルは薄毛治療薬として使用されるようになったのです。

ミノキシジルは元々血管を拡張させ、それによって血圧を下げる目的で開発されています。
これによって血行が促進され、栄養が髪へも充分に行き渡り、発毛サイクルを正常なモノに改善してくれるのです。
AGAの原因には発毛サイクルの乱れも含まれており、ミノキシジルによってこの部分を改善させ、薄毛や抜け毛を防ぐことができるのです。
ミノキシジルは患部に直接塗布するタイプの外用薬としてあったのですが、最近では内服薬として開発されたミノキシジルタブレットも人気です。
外用薬としてのミノキシジルだと、塗り方にムラが出る可能性がありますし、そもそもの問題として頭皮から有効成分が吸収されにくいということもあります。
ですが、体内から有効成分を吸収できるミノキシジルタブレットなら、吸収率も良く、全身にしっかり成分が行き渡るため、満遍なく発毛効果を発揮できるのです。

ただし、ミノキシジルタブレットを使用する場合、今言った「全身に成分が行き渡る」という点に気をつけましょう。
これが多毛症という副作用につながってしまうのです。
全身に有効成分が行き渡り、発毛効果を発揮してしまえば、当然髪以外の体毛にもその効果が及んでしまうのです。
そして、開発当初に発見された多毛症が出てしまうのです。
多毛症による副作用はミノキシジルタブレットを服用するうえで仕方のないことでもあります。
体毛が濃くなるとは言っても、あくまで「服用前に比べれば」の話ですので、この点に関してはAGA治療のためと割り切ってしまうのがいいかもしれませんね。